2010年01月16日

撃たれたのは元羽曳野市議長 「どうして…」凍り付く住民(産経新聞)

 「パン、パン、パン」。12日夜、大阪府羽曳野市の居酒屋で起きた猟銃発砲事件。閑静な住宅街に渇いた銃声が響き渡り、住民らは恐怖に凍り付いた。発砲後に自殺した男は大阪市環境局の職員とみられ、撃たれて死亡した女性は元羽曳野市議で男性の義母。店の従業員を巻き込む最悪の事態に、2人を知る人は「どうして…」と声を詰まらせた。

 近くで飲食店を経営する小川泰邦さん(36)は、突然「バーン」という低い音が鳴り、さらに数回銃声が響くのを聞いた。現場の居酒屋に駆け付けると、男性が倒れており、反対側の歩道に長さ1メートルほどの銃が落ちていたという。

 救急車のサイレンを聞いて駆けつけたという主婦(41)は「迷彩色の服を着た男性が倒れ、さらに中から男女が担架で運び出された。怖かった」と話した。

 現場の居酒屋はブルーシートで覆われ、パトカーや捜査員が次々と駆けつけた。周囲の道路に張られた規制線の外では住民たちが寒さに身をすくめながら、不安そうに捜査の様子を見つめていた。

 撃たれて死亡した元羽曳野市議、田中美子さん(66)は同市議会で議長も務めた経験を持つ、地元の重鎮だった。現在、同市議会の議長で、田中さんを知る樽井(たるい)佳代子さん(55)は「新年会であったばかりだった。その時はとても元気そうだった。どうしてこんなトラブルになったのか…」と声を詰まらせた。

 樽井さんの亡くなった父親も同市議を務め、田中さんとは同期だったという。

「父が亡くなったときに真っ先に駆けつけてくれた人。誰かに恨まれるようなタイプではないのに…。信じられない気持ちでいっぱいです」。樽井さんは驚いた様子でこう話した。

【関連記事】
大阪・羽曳野の居酒屋で男が猟銃を発砲 3人死傷 男は自殺
猟銃が暴発か、男性死亡 新潟・五泉 
猟銃3丁、実弾70発盗まれる 神奈川
サルと間違って同僚を撃ち死なせる 猟友会メンバー逮捕 千葉
住宅にけん銃6発発砲か 東京・江東区

北朝鮮サッカーチーム来日?警備当局ピリピリ(読売新聞)
SSが抗議船を海に放棄 殺傷力ある矢発見(産経新聞)
カーナビ奪い逃走 追いかけた店員、車で引きずる 水戸(産経新聞)
「攻めろ」小泉元首相、谷垣総裁に助言(読売新聞)
「11年度改定も検討を」―全日病・賀詞交歓会で西澤会長(医療介護CBニュース)
posted by モガミ ヨシカツ at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホットラインやっと全国稼働=共通番号で相談受け付け−消費者庁(時事通信)

 全国共通の電話番号で悪徳商法や製品事故などの相談を受け付ける「消費者ホットライン」の全国運用が12日、始まった。消費者庁発足から4カ月遅れのスタート。先行実施中の5県では周知不足で利用率が低迷しており、同庁は「積極的に広報し、被害者の声を拾いたい」としている。
 ホットラインは「0570(064)370(守ろうよみんなを)」にかければ、音声に従い居住地の郵便番号などを入力することで、最寄りの相談窓口に転送される仕組み。利用時間は窓口の開庁時間に準拠し、年末年始を除き無休。土日祝日は、相談を行う一部都道府県の窓口か、国民生活センターで対応する。転送後の通話は有料。 

普天間、5月結論に理解を=米上院議員と会談−鳩山首相(時事通信)
<鳩山首相>潘氏と電話協議 COP16に向け(毎日新聞)
内閣支持56%、小沢氏説明不足91%…読売調査(読売新聞)
雑記帳 破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム(毎日新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
posted by モガミ ヨシカツ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。